「日本の起業家ランキング」の経年推移から起業家が選ぶべき業界テーマが分かる

スタートアップの流行り廃りを表す日本の起業家ランキング

Forbes Japanが注目の起業家ランキングを公開

投資家に対してさまざまな財務指標を公開して日々株価の評価を受けている上場企業と比べ、公開情報の少ないベンチャー企業は外から評価することが難しい。ベンチャー界隈の間ではどの会社が成功しているかという感覚を比較的持ちやすいが、それでも各業界のベンチャー企業の情報を収集し正しく評価することは簡単ではない。

その中で、Forbes Japanは「日本の起業家ランキング」を毎年公開しており、スタートアップの世界で注目されてる企業やテーマを知るうえで一定程度役に立つ。「日本の起業家ランキング」は「新しい日本」をつくる存在として日本経済を牽引する起業家を応援するというコンセプトのもと運営されている。

審査員は金融機関やVCを中心に構成

起業家に勝手にランキングを付けて発表するからには評価の妥当性・公平性が重要になる。ランキングの評価委員会は金融機関やVCを中心に構成されている。2020年のランキング作成にかかわった評価者は以下の通りだ。

  • 松本 大(マネックスグループ)
  • 谷家 衛(あすかホールディングス)
  • 土田 誠行(産業革新機構)
  • 仮屋園 聡一(グロービス・キャピタル・パートナーズ)
  • 森川 亮(C Channel)
  • 伊佐山 元(WiL)
  • 狩野 仁志(フィスコ)
  • 百合本 安彦(グローバル・ブレイン)
  • 田中 仁(ジンズ)
  • 千葉 功太郎(個人投資家 / Drone Fund)
  • <アドバイザー>大櫃 直人(みずほ銀行)

ラクスルの松本恭攝氏は2016年から2018年まで3年連続でトップ10にランクインしたが、2020年からはランキング評価委員会側に参加している。M1グランプリでナイツの塙さんやサンドウィッチマンの富澤さんが審査員になったようなものだろうか。

スタートアップ業界の時代の変化を表す

日本の起業家ランキングを経年で見ていくと、スタートアップ業界の時代の変化を読み取ることが出来る。それは世の中の需要の変化に加え、ベンチャーキャピタル側がどんな事業に投資したいかという資金調達サイドの変化にも表れる。

ベンチャーキャピタル側も成功確度の高いスタートアップに投資しリターンを最大化させる義務があるため、すでに成功経験のあるテーマや株式市場で人気のある(=上場しやすい)テーマの企業に優先的に投資する傾向がある。

資金力の乏しいスタートアップにとって、事業を成長させるためには外部からの資金調達が欠かせない。流行りのテーマは資金調達しやすく、結果として事業を急成長させることが出来る。実際にメルカリやラクスルなど、ランキング入賞後に上場を成し遂げた企業も多い。

過去の日本の起業家ランキングと特徴

「日本の起業家ランキング」2016

順位起業家会社名事業内容
1山田 進太郎メルカリフリマアプリ
2松本 恭攝ラクスル印刷マッチング
3杉江 理WHILL電動車いす
4梅田 優祐/新野 良介ユーザベースビジネス情報プラットフォーム
5鈴木 健/浜本 階生スマートニュースニュースキュレーションアプリ
6福山 太郎AnyPerk福利厚生代行サービス
7辻 庸介マネーフォワード家計簿管理ツール
8本蔵 俊彦クオンタムバイオシステムズDNA解析
9玉川 憲ソラコムIoT向けMVNO
10佐々木 大輔freeeクラウド会計ソフト
Forbes Japan

「日本の起業家ランキング」2016ではメルカリ創業者の山田進太郎氏がトップに選ばれた。当時のメルカリは上場前に累積120億円以上の資金調達に成功し、米国事業にリソースを集中すると宣言していた。

ラクスルは小口の印刷ニーズと稼働が余っている印刷工場をインターネット上でマッチングする事業を展開し、日本におけるオンライン・プラットフォーム型のビジネスの走りとなった。

「日本の起業家ランキング」2017

順位起業家会社名事業内容
1山田 進太郎メルカリフリマアプリ
2玉川 憲ソラコムIoT向けMVNO
3松本 恭攝ラクスル印刷マッチング
4南 壮一郎ビズリーチ人材データベース
5寺田 親弘Sansan名刺管理ソフト
6杉江 理WHILL電動車いす
7辻 庸介マネーフォワード家計簿管理ツール
8岡田 光信アストロスケール宇宙ゴミ回収
9尹 祐根ライフロボティクスロボット開発
10佐々木 大輔freeeクラウド会計ソフト
Forbes Japan

「日本の起業家ランキング」2017も引き続きメルカリ創業者の山田進太郎氏がトップに選ばれ、3年連続のNo.1となった。メルカリは2018年6月19日に東証マザーズに上場した。

2位にランクインしたソラコムはIoT向けの通信サービスを展開している。IoTによる製造業やサプライチェーンの効率化が注目され始めた時期で、2017年8月にはKDDIが約200億円でソラコムを買収すると発表した。

「日本の起業家ランキング」2018

順位起業家会社名事業内容
1三輪 玄二郎メガカリオン血液製剤開発
1松本 恭攝ラクスル印刷マッチング
3岡田 光信アストロスケール宇宙ゴミ回収
4寺田 親弘Sansan名刺管理ソフト
5南 壮一郎ビズリーチ人材データベース
6坂野 哲平アルム医療アプリ
7名越 達彦パネイル電力需給管理システム
8長谷川 潤Omise事業者向け決済サービス
9鶴岡 裕太BASEネットショップ作成プラットフォーム
10尹 祐根ライフロボティクスロボット開発
Forbes Japan

「日本の起業家ランキング」2018では初めて製薬系企業がトップに選ばれた。メガカリオンはiPS細胞を活用した血液製剤の開発に取り組んでおり、2017年8月に世界ではじめて「iPS細胞」から血小板を大量生産する技術を確立した。

同率1位につけたラクスルは2017年7月にヤマトHDとの資本提携を発表し、従来の印刷業に加えてドライバー空き時間を活用したマッチング事業である「ハコベル」が注目された。

「日本の起業家ランキング」2019

順位起業家会社名事業内容
1岡田 光信アストロスケール宇宙ゴミ回収
2鈴木 健/浜本 階生スマートニュースニュースキュレーションアプリ
3鶴岡 裕太BASEネットショップ作成プラットフォーム
4南 壮一郎ビズリーチ人材データベース
5坂野 哲平アルム医療アプリ
6名越 達彦パネイル電力需給管理システム
7寺田 親弘Sansan名刺管理ソフト
8佐々木 大輔freeeクラウド会計ソフト
9長谷川 潤Omise事業者向け決済サービス
10中島 徳至Global Mobility Service低所得者向け自動車ローン
Forbes Japan

「日本の起業家ランキング」2019では宇宙ゴミの回収に向けて航空宇宙技術を開発するアストロスケールがトップに選ばれた。活動限界を迎えたロケットの破片などの宇宙ゴミ(スペース・デブリ)が宇宙空間に蔓延し、将来のロケットの打ち上げや効率的な宇宙開発の妨げになると指摘されていた。

2位にはニュースキュレーションアプリのスマートニュースが選ばれた。キュレーションメディアについては2016年にDeNAが運営していた医療キュレーションサイト「Welq」が「肩こりの原因は幽霊」などのクオリティの低い記事を大量生産し問題になった。スマートニュースでは過去の閲覧履歴などのデータから各ユーザーの求める情報をサジェストする機能が人気となった。

「日本の起業家ランキング」2020

順位起業家会社名事業内容
1鈴木 健/浜本 階生スマートニュースニュースキュレーションアプリ
2石山 洸/春田 真エクサウィザーズAIコンサルティング
3瀧口 浩平/豊田 剛一郎メドレー医療情報プラットフォーム
4長谷川 潤Omise事業者向け決済サービス
5赤川 隼一ミラティブライブ配信プラットフォーム
6中島 徳至Global Mobility Service低所得者向け自動車ローン
7庵原 保文ヤプリアプリ開発プラットフォーム
8愼 泰俊五常・アンド・カンパニー途上国の貧困層向け金融サービス
9袴田 武史ispace民間月面探査
10平野 未来シナモンAIコンサルティング
Forbes Japan

「日本の起業家ランキング」2020では前年2位のスマートニュースが首位を獲得する中で、AIを用いたコンサルティングを提供するエクサウィザーズとシナモンがランクインしている。

2019年後半まで続いた好景気で企業はカネ余りになり、将来の事業アイデアにつながる種まきとしてAI系のベンチャー企業に次々とR&Dプロジェクトを発注した。景気の先行き不透明感が増す中で、2021年版のランキングでAIベンチャーが何社選ばれるかは注目したい。

シェアする

error: